2013年2月アーカイブ

 

スキージャンプ(W杯)で日本人で初の総合優勝を

16歳の高校生、高梨沙羅ちゃんがやってのけました!

体罰・いじめ問題や忌わしい数々の事件等で混迷し、

又、"円"や"株"が上がったの下がったのと一喜一憂し、

落ち着きのない今日にあって、この沙羅ちゃんの快挙と

彼女のあどけなさの残るかわいい笑顔は、私達にとって、

一服の清涼剤となって和まされたのではないでしょうか?

 

最近、チョッと気になるのが、自民と公明との間で

まだ溝があるといわれる『軽減税率』を巡る議論です。

公明の発するこの代物の対象となっているのが

「コメ」「みそ」「しょうゆ」とあわせ『新聞』が入っています。

必ずや時を見て「弱者救済措置」「逆進性」という

大きな錦の御旗を立てて迫ってくること間違いなし!デス。

何故なら、今年1月、この軽減税率を予測してか!

新聞協会が『知識には軽減税率の適用』・・・との声明を出しているからです。

必ずや系列のTV局や、自らの新聞紙上でジワジワと、

コメやみそを隠れ蓑にして、マスコミをリードするに違いないと思っています。

欧州等でも、政府が税率アップの折には、新聞等の税率は相当低く押えているからで、

日本でも、双方がタッグを組むことは予想されます。

『増税』では大手全国紙は全て協力していましたから!

 

さて、昨日は大工育成塾の選考委員として、

今年度最終となる塾生面接に当ってきました。

昼食をとりながらの県や国の行政の方々との話題は、東日本大震災地域における、

生コンや人件費の高騰により入札不調が続き、工事が進まないことと合わせて

これから復興工事が本格化すれば、職人さんの日当は東北から首都圏、

更には東海、関西へと、上昇してくるのではないか?・・・と!

                                  草々

 

2013.02.22.発行 2013年の住宅・不動産業界ウィークリー No.7

 

 

当社売主物件のイトーピア植田マンションのご紹介です。

最上階の1202号室、南に3部屋あり陽当り、眺望最高です。

 

 

2011-1.JPG 

 地下鉄鶴舞線「植田」駅まで徒歩約6分の好立地で、通勤通学にとても便利です。

マンションすぐ裏にスーパーがあり、薬局、コンビニも近くにあります。

 

 

1202-1.bmp

フルリフォーム後渡しの物件のため、キッチン等の設備、壁クロスや床など、

お好みの色や設備をお選びいただけます。

 

詳しいリフォーム内容の説明や内覧をご希望の際は

随時案内を致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

名古屋 市 天白区、緑区で中古マンションをお探しなら株式会社ハウジングリサーチへ

 

 

 

昨日の中日新聞「周辺環境脅かすマンション計画」の記事を見て、

仕事の途中に、この現地へ立ち寄ってきました。

元々3階建てマンションが建っていた土地に、

三井不動産レジデンシャルが、5階建総戸数50戸の分譲マンション

(来年2月施工予定、現在は杭打ち工事中)を建てています。

町内の広い範囲に、販売時にお客様への誘導案内看板が不要なほどに数多くの

「マンション建設反対」の、のぼり旗が林立していました!

住宅街のマンション建設現場では、往々にしてよく見かける光景です。

 

相変わらずのアベノミクスを巡り、2月14日付朝日では「通貨戦争」の業者が

『インフレ制御できぬ恐れ』と題して、各国が膨大な紙幣を刷り始め

『このままでは世界そろってインフレに向かう』と警鐘を鳴らしていますが

私は不動産に関して、都心の一等地やブランドを誇る高級住宅地に限り

価格上昇の可能性はあるものの、郊外の住宅地等においては

少々のことで上昇することは無いと思っています!

 

さて、何かとお騒がせの河村市長さん!

思いつきの判断で里山の開発許可を遅らせ損害賠償を求められた訴訟では

とりあえず第一ラウンドの名古屋地裁では"請求棄却"・・・となりました!

大村知事と共に声高に叫んでいた中京都構想もどこへやら、

共にパフォーマンス重視で一匹狼の村・村コンビでは無理でしょう!

それよりもいっそのこ、この愛知県を元来気質の異なると言われる

信長の尾張国と、家康の三河国にその昔のように分離したらどうですか!

その中で広域連合により効率の良い行政サービスを発揮されればいかがでしょうか?

でもトヨタ自動車を含めトヨタ関連の大企業の大半は三河国に所在しており

尾張名古屋は財政的に立ち行かなく可能性があるかも・・・ネ!

                                      草々

 

2013.02.15発行 2013年の住宅・不動産業界ウィークリー No.6

 

白川日銀総裁の辞任表明を受け、円安が更に加速したことから、

株価は一昨日、リーマンショック後の高値を更新しました。

「円」も「株価」も、ほどほどで安定した巡航速度を保って欲しい!

と誰しも願っているのでしょうが!・・・これこそ難しいことです。

 

ところで今週、各紙で相続税を多く扱っていました。

この改正による都市部に住む人への負担増に関して、

自民税調において『6月の都議選が戦えない』との理由で、

都選出の国会議員による強い反発を受けて小規模宅地の特例が拡大されました。

・・・又々出ました!政治屋さん!声の小さな人の意見は?

 

さて「プロメテウスの罠」のタイトルで朝日新聞が3.11以降の出来事を取材し、

肩書き、実名入りで伝えています。・・・2月3日(日)2ページで

3月19日、自衛隊の田浦正人陸将補(副司令官)が

当日に隊員から聞きとったミーティング時のメモの内容が掲載されていました。

・若い隊員が妻から『行ってほしくない』と言われたが妻を説得した!

・仙台の親戚が亡くなった。被災者の役に立てるならと希望した!

・「若い者には将来がある、ここは年寄りの出番だ」とは定年間際の隊員!

・上官の班長に「独身の自分が行きます。新婚の班長は残って下さい」と申し出た若者!

・派遣の選考でもめた駐屯地もあった! それは『独身は行くな』と家族持ちの隊員!

 独身者は『守る人がいる家族持ちは行っては駄目』・・・と!

放射能の怖さを知る自衛隊員にとっては決死の覚悟で志願したものです!

現在緊迫している尖閣を巡っても、

相手の海洋監視船の志望者はゼロと伝えられているのに対して、

海上保安庁隊員は数多い志願者がいると聞きます。

"愛国心"を押し売りしなくとも、この国の若者は頼りになります!

                                       草々

 

2013.02.08発行 2013年の住宅・不動産業界ウィークリー No.5

 

「明けましておめでとうございます」で始まる定例で開かれる

数々の新年会も今週で全て終りました。

今週の新年会では高級ブランドが浸透し、仕入、販売共に絶好調の

ディベロッパー支店長に引き続いての各自近況報告で、

同業者仲間の多くは、仕事面は「ボチボチ」と。

むしろ趣味や遊びの報告に終始していました!

 

さて、25年度与党税制改正大綱の決定を受け、

これに関連する報道が多く目に留ります。

住宅・不動産業界関連では・・・

・家屋の登録免許税の軽減期限25年3月31日が2年間延長

 移転:本則2%→0.3%、保存:0.4%→0.15%、抵当権:0.4%→0.1%

・土地売買の登録免許税は現行1.5%を据え置き、2年間延長

・住宅ローン減税の29年末まで延長、更には大幅に拡充

・バリアフリー・省エネ改修工事の所得税特別控除、固定資産税減額の延長

・不動産売買契約の収入印紙の軽減延長と26年以降更なる引き下げ

・・・等々が主な改正点ですが、

全てが消費増税に向けてのシフトであることがみえみえです!

・・・今回の税制を巡っては自民党政権と共に自民党税調の復活が見て取れました。

その昔自民党単独政権のころには、年末までに次年度の税制改正が

カラー印刷のリーフレットで配布されていました。

当時、国会を通っていない法案なのにもかかわらず

大丈夫?と思っていましたが、その自民税調と政府の仕組みを知って納得しました!

先月の1月13日付日経記事で、その中味を伝えていましたので末紙に添付しました。

大きな声・大きな組織、票になるか、ならないか?が基本なんでしょう・・・税制改正も!

声の小さな票にならない重要な税制は?!・・・政治屋さん?

                                           草々

 

2013.02.01発行 2013年の住宅・不動産業界ウィークリー No.4

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。