2014年8月アーカイブ

 

120年ぶり...とは、明治時代につくられた法律改正の話!

『国民に分かりやすい民法』を目指す民法改正の骨格が

26日の法制審議会の部会によって大筋で固まったというものです。

その中身は、8/27朝日が報じているように、

消費者や中小企業を重視した、消費者目線で改正されるようです。

数ある改正の中で、不動産関連で目に留まったのは

『敷金の返還義務』が民法の中に新たに規定されたことです!

従来は " 現状回復 " を巡る具体的な対応に関しては

国交省による「ガイドライン」によって示されてきましたが、

今回の原案によれば『敷金は家賃などの担保』と定義され

契約終了後、部屋を引き渡したとき返還義務が発生する!とされ、

更には " 現状回復 " について借主は、

通常の使用による痛みや経年変化を修理しなくてもよいと明記される事となり、

強いて敷金で負担しなければならない修繕費は、

壁に穴を開けた場合など、住人による損傷に限定するとされます。

その他の分野でも消費者保護の観点が盛り込まれています。

それ自体は歓迎すべきですが、業者側から懸念すべきは

民法改正を盾に、一部の悪質なクレーマーが心配なようです。

 

ところで " 住宅ローン金利の過去最低水準 " が更新中!で、

三井住友信託銀行では、当初10年固定の金利の最優遇金利を、

現行の年1.05%から過去最低の1.00%に引き下げました!

" 仁義なきローン争奪戦 " は勝手に戦って頂ければ良いものの

既存客をないがしろにして、他行からの借り換え客を優遇するのは

『釣った魚には餌はいらない』...と言う事でしょうが、

一般社会の常識とは外れていませんか?

                             草々

 

2014.08.29発行 2014年の住宅・不動産業界ウィークリー No.33 

 

毎週末発行している『住宅・不動産業界ウィークリー』を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

送付を希望される方は下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

 

 

この夏は、お盆の行事の合間を縫って那須へ出かけてきました。

旅で必ず立寄る "城" や "城跡" では、今回 "白河関跡" と

戊辰戦争で会津藩を中心とする旧幕府軍と新政府軍との戦いで

その戦局に大きな影響を与えた『白河口の戦い』の舞台となった

"白河小峰城" へと足を運びました!...が、

先の震災によって城の石垣がアチコチで崩落したことから

石垣修復の工事中で、城内に入ることができず残念でした。

修復工事が完了したら、小峰城と共に同じく激戦地となった

少年隊で知られる二本松城へも訪れたいと思っているところです。

 

又、帰途に東北新幹線の "小山" で下車、JRを乗り換えて足利市へと!

その目的は、宣教師フランシスコ・ザビエルにより

『日本国中、最も大にして、最も有名な坂東の大学』...と

世界に紹介された、日本最古の学校「足利学校」の参観です。

復元された数々の家屋や庭園が中世の城館を感じさせる佇まいもさることながら

何といっても "孔子廟" が造営されているほどに孔子の教えに基づく

『儒学』を中心に "易学" や戦国期には "兵学" も教えていた学校です。

ところで儒学とは、孔子に始まり "仁" "義" "礼" "徳" "中" を重んじる

中国古来の政治・道徳を学ぶものですが、

現代の中国の為政者は「儒学」の思想を持ち合わせているのか?

独裁者の下では、その教えに添うべくもなく、

何時になったら中国の人々が心の底から論語を実践できる日がくるのでしょうか?

 

さて、自然界のお天気も、足下の景況感もまだら模様の昨今、

7-9月期のGDPがどうなるのか...

10%への消費増税に向け、安倍さんならずとも誰もが注視するところですが...!?

                                        草々

 

2014.08.22発行 2014年の住宅・不動産業界ウィークリー No.31&32 

 

毎週末発行している『住宅・不動産業界ウィークリー』を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

送付を希望される方は下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

 

 

 

『お主なかなかであるな』...

その主はソニー不動産のこと。

 

ソニー銀行・保険が好調の延長線上に位置するのか?

8月1日から売買仲介と賃貸管理サービスを開始しました。

 

不動産業界にしがらみが薄い事に加えて、

銀行や保険等でネットの活用には長けており、

それ故に既存の業者にとって及びもつかない営業手法で

殴り込みをかけてきました!

 

・" 仲介手数料 " は法定の報酬額を上限に成約価格に対してでなく

各種サポート内容によって手数料が変動するという

きめ細かな料金体系を打ち出しているようです。

 

・" 両手数取引 " は「双方代理」に当たるとして

度々米国等から不適切な商慣習であると批判されている事を意識してか

ソニー不動産では売買仲介の担当者 " 売主 " と " 購入者 " の

専属代理人として、社内で独立した組織に分ける...とか。

 

今回のソニーの試みが成功すれば大化けするかも!

何故なら、仲介手数料の安さに惹かれるのは必至であり

更にネット世代のお客様には受け入れやすく、

オープンで新鮮なイメージに共感する人が多いと思われるからです。

 

このソニーの戦線が拡大すれば、大手業者は大きく影響を受けるでしょう。

街の不動産業者へは?

ソニーへ行かれる方は、これまで大手業者へ流れていた

お客様ばかりですから、心配ご無用でしょう!

では大手仲介業者はどう対抗するのか?

当面は「お手並拝見」と様子見でしょう。

でも、このシステムで " 行ける " と見れば参入障壁の低い業界ですから

ネット系企業が続々と参入する!...かもネ!!

                                草々

 

8月13日(水)から17日(日)迄、夏季休暇につき

次週のウィークリーはお休みさせて頂きます。

 

2014.08.08発行 2014年の住宅・不動産業界ウィークリー No.30

 

毎週末発行している『住宅・不動産業界ウィークリー』を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

送付を希望される方は下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

 

夏休みの真只中、今日から8月入り、愛知は東邦高校が!

いよいよ熱ーい夏の甲子園が始まります。

 

さて今週目に留まったのは

 

7/26朝日の『中小融資、広がる無保証』です。

身内や友人、取引先等から気軽に、或は断り切れずに引き受けた

連帯保証人となったばかりに、全ての財産を失うことになってしまった

悲惨な現実に、法律上とは言え理不尽さを感じてきましたが、

その保証人を巡り『経営者本人の個人保証もとらない銀行が出てきた』という

全国銀行協会による『経営者保証に関するガイドライン』に注目しており

融資担当者の目利きが問われるでしょう!

 

次の記事は、7/26日経の『日本・木材大国への道』です。

外国材の値上がりにより国産材が世界一安く?なる追い風!!が

吹いているというものです。

先日NHKのニュース番組でも、杉・桧による日本の在来木造が

韓国の富裕層の間で需要が広がっていると報じていました!

10年前、大工育成塾の座学研修をお手伝いしていた時、

" 木材 " 科目の講師で大手木材会社の会長が塾生に対して

「今後、素晴らしい日本の伝統工法による木造住宅が

世界の富裕層から求められる時代が来る!」と

だから「外国語も身に付けろ」と語っていたことを思い出しました。

 

最後は7/31中日の『老朽マンション問題、深刻』です。

これまでも各メディアが指摘しているテーマで、これから近い将来には

建て替えも、取り壊しも容易ではない分譲マンションが専門家から

『今世紀、最大の社会問題になる』と警告を受けています!

次から次へと造り続ける、賃貸マンションや分譲マンション!

この警告を業界も行政も " 見て見ぬふり " を決め込んでいるのでしょうか? 

                                草々

 

2014.08.01発行  2014年の住宅・不動産業界ウィークリー No.29  

 

毎週末発行している『住宅・不動産業界ウィークリー』を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

送付を希望される方は下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

   

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。