2016年1月アーカイブ

 

セルフのガソリンスタンドで、

レギュラー99円の表示も目にするほど、

ガソリンの店頭価格が連日下がり続けています。

 

1月28日、日経新聞の一面で『原油安・業績下支え』の見出しにより

・日本航空、燃料価格下落を受け、過去最高の営業利益更新!

・王子ホールディングス、5割強の営業増益に!

・東ソー、8年ぶり最高記録を塗り替え!・・・等々

原油安による異常な恩恵を報じていました。

企業の経営努力とは全く別の要素でもある

 " 原油価格 " や " 為替レート " で業績が異常に大きく左右されたり、

又、ニューヨーク、上海の株価に即時に反応する日経平均株価

・・・等、上場企業は大変デス!

それと、1月23日、日経が伝える

 " 米国の利上げ " と " 中国経済の減速 "

による波乱の行方が気になるところでしょうか?

 

ところで、訪日客の急増を受けて、

政府が " 民泊 " の全国規模でのルール作りを急いでいます。

既に米国発の民泊サイトでは、

世界190ヶ国以上で約200万件のホストが登録しており

日本でも約2万件が登録済みであると言われています。

京都嵐山近くのマンションでは、前44室中36室で民泊が行われ

騒音やゴミ出しでトラブルになっており、

マンションの管理組合が管理規約を改定したり

" 民泊 " 禁止を規約に盛り込んだ新築マンションも発売される等

今や " 旬 " な話題ですが、そのルール作りで

規制の必要性を主張する厚労省や国交省に対し、

自由な営業を重視する規制改革会議の間で制度が進んでいます。

でも、 " 民泊 " で大きな事件や事故が発生すれば、

その段階で必要以上に厳しい法の網をかけるに違いありません!

                           草々

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名

 

 

暖かな年明けから一転して、真冬日を迎えています。

 

世界経済も、正月明けの、北朝鮮による水爆実験発表に始まり、

中東のISのみならず、イランとサウジアラビアによる紛争や、

又、米金利・原油安に加えて、中国経済の減速・・・等々から

世界的な株安に歩調を合わせるように、日経平均株価も、

昨日は1万6千円台へと急落するほどに寒い日が続いています!

とは言っても、今のところ体感的に特段感じることもなく

地元愛知・名古屋は、日銀の地域経済動向報告書によれば

他の地域とは異なり、現在のところ「緩やかに拡大」しているとして

唯一、矢印が右肩上がりに表示されています。

 

実は昨日、名古屋商工会議所主催の「大名古屋ビルヂング・視察会」

に参加して、各フロアの施設を見学してきました。

事務所フロアの29階から見る御嶽山や白山連峰、

又、名古屋城等の眺めもさることながら、

名駅周辺で工事中のビッグプロジェクトと呼ばれる

数々のビル群を眼下に見ることができ、

その光景からは " 元気な名古屋 " を感じずにはいられませんでした!

 

又、今週開催された業界団体の新年会での来賓挨拶の中で、

国会・県会・市会議員のセンセイ方の大半は、

" 元気な愛知 、名古屋 " を口にしていましたが、

最後の挨拶に立ったベテラン県議は、

毎年、2日から1月末までの間、数回に渡り行っている後援会による

伊勢神宮へのバスツアーで感じたのは、

例年に比べて、スムーズに参拝できたり、

赤福やおかげ横丁の買い物客も、例年に比べ少なく、

『先に挨拶された先生方は、威勢よく景気の良い話ばかりでしたが、

お伊勢さんで感じたのは、足下の景気は良くないのでは?』

と戒めの言葉で締めていました!!

                             草々

 

 

大きな経済変動や、建築不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名

 

おとそ気分から、2016年のビジネスモードに入っていますか。

 

今年の経済情勢は?

7月の参議院選挙までの間、何としても安倍さんは

景気をヨイショと持ち上げたいところでしょうが

世界的に見れば " 米金利 " と " 石油価格 " が鍵になる!と

1月11日産経が、世界の政治情勢を踏まえて報じています。

" 米国 " と " 石油 " と聞くと、

日本語版ニューズウィーク誌の4コマ漫画を思い出します。

それは中東の首長がブッシュさんに

「国内が混乱して困っているので助けて下さい」と電話したら

『あなたの国は石油が出ますか?』と問われ

「いえ、石油は出ません」と答えたところ、ブッシュさんは

『それでは国連へ相談して下さい』と・・・

米国の本音を的確につかんだ表現でした!

 

ところで、ウィークリーを始めてから、政治・経済の大きな変動の度に

読売・毎日等の他紙をコンビニで購入していましたが

産経新聞はどこにも無く、やむを得ず定期購読を始めたのですが、

販売されていない理由が、番組欄以外の全てが

一日遅れ、前日の記事ということでした!

同日に全ての新聞記事を比較できないのは残念ですが、

他紙とは異なる視点から捉えた内容の記事も数多く

それなりに興味を持って日々読み比べています。

最近新聞を読むことなく、スマートフォンで

見たいニュースだけを見る人が増えたと聞きますが、

数々の知識を得ず一方の意見のみを聞き入れて

それが正しいと信じてしまう偏った考えで行動される危うさが心配です!

                               草々

 

《お知らせ》

大きな経済変動や、建築不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

 

明けましておめでとうございます。

本ウィークリー共々、今年もよろしくお願い申し上げます。

 

穏やかな心地良い正月を迎えることができましたか?

皆さんはこのお正月休みをいかが過ごされたでしょうか?

 

私は例年の如く熱田神宮、針名神社(地元の氏神様)、

熱田の知我麻神社での初えびす等々にお参りして、

「海難1890」や「杉浦千畝」等の映画を見に出かけたり、

又、穏やかな陽気に誘われて、小牧山城で発掘中の石垣や

はるか北方の " 犬山城 " を眺めながら、

小牧・長久手の戦いに思いを馳せながら、

城周辺の各地を散策するなど、のんびりと休みを過ごすことができました。

 

今年変わったのは「産経新聞」の定期購読を始めたことです。

全国紙の中でも " リベラル " とされる朝日に対し

 " 保守 " とされる産経を比較しながら読むためですが、

同じ物や現象でも見る人や、見る角度により、

そんなにも違うものか?と改めて実感しています。

これからが楽しみです。

 

さて、12月29日、日経の「ここまできたかと驚く " 住宅ローン合戦 " 」

又、1月6日、日経の「銀行の金利リスク精査 " 金融庁が検討 " 」の

記事の中から感じるのは、" 異常と思われる状況が異常に続く " という事は、

過去の事例からもありえず、土地神話の崩壊と同様に、

或る日突然崩れ去る時がくるはずで、

世界の状況から、当面の間は低金利は続く!!と耳にしますが

" 突然 " に備えての準備が必要・・・では!

                          草々

 

 《お知らせ》

大きな経済変動や、建築不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

閲覧可能としてまいりましたが、

今回よりご希望の方へのみメールにて送付させていただきます。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

今まで通り閲覧可能となっておりますのでご参考下さい。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

     *住所

     *氏名

     *電話番号

     *会社名

nenga.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月6日(水)より通常営業致します。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。