2017年1月アーカイブ

 

 市長による品の無い名古屋弁には違和感を覚えますが

私共、年代の者が子供の頃よく使っていた名古屋弁の中に

「 もうやいこ 」・・・ があります。 

物に溢れる現代と異なり物が少ない時代であったからこそ 

一つの遊び道具を子供同士で仲良く使う時にもよく出た言葉です。 

 

時代は変わり最近では 「 もうやいこ 」 が注目されています。

その言葉は 「 シェア 」 と呼ばれ これまでも 「 シェアハウス 」

「 ルームシェア 」 又 ヨットやクルーザーの共同所有等見聞き

してきましたが 今や部屋を民泊として シェアリング するサイトが

普及したり マイカーや月極駐車場の空いた時間を シェア したりと

ドンドン広がりを見せています。 物やスペースばかりでなく

 " 人 " をも シェア する迄に !

 

スキルを持った人材の空いた時間を必要とする人や企業が活用する

と いうものです・・・

人も物も " 所有 " する人は効率良く多くの収入を得る事ができ

" 使用 " する人は必要な時にお値打ちに利用できる。

共にハッピーな成長ビジネスモデルであると言われています。

 

それを可能にしているのが ネットによるマッチングの情報システム

であると注視されています。

 

この 「シェア」 はライバルたる大企業の間でも以前から行われています。

物流始め あらゆる分野で互いにシェアする事によって経営効率化に

務めているのが現実です。

 

一方で余っている人や物を互いに補い合って効率を図るべき中小零細こそ

シェアの必要性があるのですが・・・それを邪魔しているのが

 トップ達の 「 お山の大将 」 意識か!?

                                          草 々

 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

  

 今週の目玉は何と言っても ドナルド・トランプさん に尽きます。

 

ブッシュ ・ クリントン両氏共に就任前支持率は60%台でした。

それに対し40%台と圧倒的に低いトランプさんが本日20日に

大統領に就任します。   

就任後も得意のツイッターで、自らを攻撃する人や、

海外に工場を持つ企業に対して攻撃するのか?

それとも大統領らしく変貌するのでしょうか?

 

世界中で誰もが注視する中 明日以降が見ものです。

 

 ところで1月18日 産経が日銀による さくらリポート を

次のように報じています。

 ● 借家の空室率が上昇する中にあって供給圧力が続くか?

 ● 行き場を失った個人投資家が借家経営に流れ込んでいる。

 ● 年金支給の将来不安から若年層が借家取得に動いている。

 ● 海外で稼げない地銀にとって アパートローンは数少ない収益の源泉 

   ・・・ 等々  

これらの動向は さくらリポートが指摘するまでもなく 黒田バズーカ砲の

発砲に始まり 相続増税が背中を押して以降の流れで、強力な法規制や

リーマンのように海の向こうから激震が走らない限り、

当面は収まりそうにありません。

 少々気がかりなのが、ここ10数年の間変動が無かった私共の住む

名古屋市東部の住宅地の地価が ジワリ、ジワリと上昇の気配感じる様に

なりつつ有ることです。

 

 恒常的な供給不足の中にあって 分譲各社による用地獲得競争 又

土地を有しないマイホームを求める顧客の増加、 更に銀行の融資合戦も相まって

業者による用地取得の激化! ・・・ 等々が要因と思われ

 最近巷では業者の目から " 高い " と 思われる地価に対して個人客が

「 お値打ちですね 」 「 なぜ安いのですか? 」  ・・・ と 耳にする事もあり

ちょっと異常では!

 

  

  

 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

 

 多くの企業で先週から仕事はスタートしていますが頭の中や

体感的には 今週からが 「 仕事始め 」 です。

 

 そんなことから新聞各紙も 経済 金融蘭等々で 各業界の

個別動向は大きく報じる ネタ は無いようです。

 

 強いて言えば トランプさんの ツイッター発言 によって大きく影響を

受ける業界や企業の株価動向ではないでしょうか。

 

 昨日の記者会見でも質問に対して答弁するキャッチボールではなく

嫌なメディアの記者による質問は拒絶する! ・・・ トランプ流を貫いて

いました。 でも20日に大統領に正式に就任すれば変化するのでしょうか?

注視するところです。

 

 ところで 米国 では一定期間経過した公文書開示しており  先日 BSI TV の

「 美術家たちの太平洋戦争 」 でもそうでした。

京都 奈良 の社寺や文化財又東京の皇居や上野公園、東京駅、靖国神社、

増上寺、鎌倉の円覚寺 ・・・ 等々

焼夷弾で焼き尽くされた街並みの中にあって残されたのは ・・・ ?

NHKが米国の関係する空軍等の公文書の調査や関係者のインタヴュー等で報じていました。

 

この報道で法隆寺に魅了された 「 米国の美術家 」 が中心となり在米の日本人も

協力して " 守るべき文化財 " の地図を 地図上に 経緯、緯度の性格な位置と

残すべき建物周辺をカラー表示で米空軍に渡していたとの事 ・・・ 米国の美術家に

そこまで日本の文化財に強い思い入れを導いたのは 文化財の 「 物 」 に対して

ばかりでなく 日本人の 「 人 」 と 「 心 」 に寄り添ってのことと察しました!

 ネット時代の今日 心と情の行方が心配です。

 

 * 金曜日に発送していますが 明日所要につき本日発行させていただきます。

 

                                                草 々

   

 

 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 2017年の新年を迎え  

明けましておめでとうございます

 

 お正月といえば 神社への初詣ですが 皆さんはいかが?

私は地元の 針名神社 と 熱田神宮へ 又 5日は例年通り

商売繁盛 家内安全 を 願う 「 初えびす 」  の 上知我麻神社へと。

年末の株高から今年に期待を込めてか? ここ数年に比べて参拝者の

数が多く感じました ・・・ が、今年はどんな年に?

 

 マイナス金利政策導入や英国のEU離脱決定 。 米大統領選の

トランプ勝利等々。 想定外の連続で 「 株 」 「 為替 」 が 乱高下を

繰返し年末にはトランプ相場で株価が トランプ相場 で 株価が

1万9千円台の高値をつけ 年初には 「 1万9540円 」 と 上乗せを果す

勢いを見せていました。

 

 相変わらず 個別企業の業績にお構いなく 米国、欧州、中国等 外部要因に

よる株価動向に右往左往する1年が始まりました。

 

 でも 景気や景況感に大きく影響を受ける建設、不動産業界とはいえ 

それに惑わされることなく 周辺環境や自らの足元を見据えて 一歩

一歩 着実に進むことが求められています。

 

 ところで ニュースや各種情報を新聞等のメディアでなくネットに頼る人が

増えてきました。 トランプ氏も人事から外交に至るまで重要な政策を

一方的にツイッツターで発信しており新聞社の出番が減っています・・・

でも 先のディー・エヌ ・ エー のサイト内の誤りや盗作が発覚する等

ネット情報の真贋が問われています。

 

米国では新聞等マスメディアでさえ信頼度は 32% と言われており

国内の全国紙 、各紙に対する私からの信頼度は 50% ほど。

 

そんな新聞記事の 本ウィークリー と 共に ビジネスパートナー としての

お付き合いを今年もよろしくお願い申し上げます。

                                       草 々

                                         

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。