2017年6月アーカイブ

 

   又々 国会議員の不祥事発覚です。 「 終電がなくなるまで仕事をこなすほど

猛烈な頑張り屋だった。」 一方で 「 上や外向けにはいい顔するが 下には

ムチャ厳しく理不尽だった 」 と 評される厚生省キャリア官僚だった女性議員

による男性の政策秘書への 暴力行為 ! がそれです。 報道によれば秘書

の出入りが激しく 議員の秘書仲間では誰もが知る存在であったとか。・・・

安倍さんんも都議選を控え頭の痛い事です。

 

 さて 6/20日  朝日 が主要100社を対象に実施したアンケートで 国内景気の

現状を 「 穏やかに拡大している 」 とみる企業が 8割弱にのぼった。 と 足元の

良好な景気動向を伝えています。

 

一方で足元ではなく先行きに影響を与える  " 金利 " や " 為替 " の 動向を

左右すると懸念されるのが 日銀の 「 量的緩和の縮小 」  いわゆる 出口戦略

の行方です。・・・・ はてさてどうなるか?

 

懸念 といえば 6/22 朝日の 「 改正個人情報保護法 」 の中で 厳密に

扱うよう 保護規制が強化された一方 個人情報を匿名にして情報を

ビジネスに活用できるよう自由に流通させるという 空恐ろしい事を報じて

いるからです。

 

 ところで 6月23日 日経の 「 東京都区部の中古マンション 3/1 が値下げ 」

ですが 「 本当の事ですか ? 」 と 疑いたくなる内容です。

まだ最近まで強気の報道を耳にしており 一部 利便性の悪い立地 のマンションの

状況かと思っていたのですが !

この動向が 東京 → 主要都市 → 地方都市 ・・・ へと 波及するのか否か ?

  

 最後に 来週3日間ほど不在につき 本ウィークリー 次回は お休みさせて頂きますので

よろしくお願いいたします

                                                草 々   

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 先週の 梅雨入り から 今週も 来週の予報でも雨の気配はなく

農作物の生育や 水源の貯水量への影響が気がかりです。

 

 さて 巷では 「 共謀罪 」 法の与党による強行採決や 「 加計文書 」 の

存在等が大きな論争を呼んでいますが 国民にとっての関心事でもある

天皇陛下の退位を実現する 「 特例法 」 も 先週来に成立しました。

 

早速にカレンダーや各種帖票類等の製作者は 新年号が 2019年元旦と

なるのか ? はたまた 4月1日となるのか ? 時期を巡って 各業界で慌ただしさ

を増しているようです。  

 

その 退位 皇位継承の儀式の流れの中で重要とされる 「 新天皇が " 三種の神器 "

を受け継ぐ 」 という 国事行為 があります。

6月13日 日経 でも 29年前の皇位継承の儀式の中で 「 剣 」 を持ち

退出する侍従を見守る天皇陛下の写真が掲載されています。

 

この 「 草薙の剣 」 は ヤマトタケル が東征する際に 叔母である 伊勢神宮の

ヤマトヒメ から 授かったもので 東征から帰り 伊吹山に向かう折 「 剣 」 を

ミヤスヒメ  のもとに残し 死の道をたどったことから この 「神剣 を 熱田の地に

祀ったものである ・・・ と 古事記が伝えています。

 

 実は数年前 熱田神宮の 宝物館 を 訪れた時に 館内の関係者の方に

軽い気持ちで 「 ご神体の剣は神社のどこに ? 」 と 質問した途端に話を

はぐらかされ、 出入り口付近の年配の係員にも同じように尋ねたら 驚いたように

「 タブーには触れないでください 」 ・・・  と真顔で返答され さすがに 野暮な

詮索を したことに 自責の念 に 駆られました。 

 

古事記、日本書紀 共に 1300年以上前 天武天皇の命により 更に その数百年

前の 物語が編さんされた「 神話 」 という " 神秘 " な  " 神と王 " の 物語 

ですから・・・・・!!

 

 

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

  昨日は身内の集まりで その前日に泊まった 犬山ホテル で 昼食の後に

木曽川の 「 昼鵜飼 」 を マスコミでも注目されている 若いママさん鵜匠の

話を聞いてから屋形船に乗り見物してきました。

 

薪を焚いての 夜鵜飼 と違い 鵜匠や鵜の動きが目前でリアルに見る事が

でき 悠々と流れる 木曽川の水面と合わせ 犬山城 を眺めながらの 「 昼鵜飼 」

を 楽しむことができました。

・・・  でも 風情を求めるなら薪を焚いての 夜鵜飼 でしょう。

再来週もサラリーマン時代の OB会 で 長良川で 岐阜城の下での鵜飼へ

参加の予定で こちらは 「 花よりダンゴ 」 ならぬ 屋形船での

" 鵜よりも宴席 " が主役となりそうです。 ・・・ 遊びはほどほどにして、

 

 最近 新聞紙上の経済 ・ 金融欄では連日のように

「 金融庁、地銀のアパート融資を調査 」

「 アパートローン  " プチバブル? "  マイナス金利追い風で急増 、

増える空室 ・・・  日銀など対策へ 」

「 銀行 、 カードローンに傾斜、残高が消費者金融の2倍強 」 ・・・ 等々

各紙共に " 銀行叩き " とも思える報道が目につきます。

 

特に アパートローン に限れば 銀行は申し込みに応じて融資しているにすぎず

主役は " 施主 " であり 需要にお構いなく供給に邁進する ハウスメーカー等

" 建築業者 " です。 ・・・  何故それを指摘しないのか? ・・・  広告の大きな

スポンサーだからなんでしょう。

 

本ウィークリーのトップに添付した産経新聞の連載記事に至っては 

" アパートローン " を 「 銀行は過ちを繰り返すのか 」 ・・・ と 先のバブル期と

結び付けており 全くもって飛躍した報じ方をしています。  でもこの記事は バブル発生から

週末までの顛末をよくまとめています。

  

 

                                             草 々

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 「 加計学園 」 「 共謀罪 」 等の ゴタゴタで参議院での審議が危ぶまれて

いた改正民法も 26日に成立し 2020年を目途に施工されます。

 

改正法により 親族や知人等の第三者が保証人となる場合には公証人が自発的な

意思を確認する事が必要となります。

 

これは遅きに失したと思う程 悲惨 な実態を見聞きしてこました。

不動産取引を通しての人 又 身近な友人の中にも軽い気持ちで連帯保証人を受け

その結果自宅を手放さなくなったり 更には自己破産追い込まれた人を数多く見て

きたからです。

 

友人は保証人となっていた兄の会社が多額の負債を抱えて破産し 当の本人は

引っ越したばかりの自宅が競売となり加えて自己破産しました。

 

競売が専門の業者さんの事例では競売で落とした住宅には 行き場のないひとり暮らしの

老人が入居(占有)しており 空き家にすべく そのご本人を連れて役所や施設へ出向いて

各種の手続きを行い、入居先を手配して空き家にすることができた ・・・ 等の話も。

 

老人は 「 息子に言われるままに判を押した覚えはあるが ・・・ 」 と。

それ故の顛末で 法に従えばやむを得ないと言え 理不尽な事デス。

 

 法改正と言えば 5/30 日経 が改正個人情報保護法が 30日に施工された事を

報じています。 それは従来は除外されていた 5,000人以下の個人情報を扱う事業者も

対象に加わる ! という代物です。

 

 5/30 朝日は シャッター通りの 「 空き店舗課税強化 」 の 検討を伝え 各種の

法律が身近なところで新たに施行されたり 改正されたりしており 不特定多数の個人、

団体 が対象の法案は簡単に通ってしまいます。 でも多額の政治資金を擁する業界団体や

数多くの人(票)を抱える団体が対象の法案は そうそう簡単に政治家の思惑通りに

事は進まないでしょう。

                                                草 々

 

 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。