2017年8月アーカイブ

 

 8/19 中日が 「 マンション都心回帰 」 の 見出しで 栄 ・ 伏見周辺で

高層マンションが続々と誕生している現況を報じています。

 

郊外の一戸建てから交通や生活に便利な都心へ移るシニア層の増加と合わせて

晩婚化による単身者も増えているようです。

 

その一方で同じ分譲マンションながら 8/19 朝日の 「 負動産時代 」では

築40年の朽ちかけているマンションで一人の所有者の反対で 建替えや解体して

更地にして 土地として売ることもできずに 困惑している実情を伝えています。

 

この例は レアケースとしても 昭和40年代に建てられたマンションも 数多く

5?10年先には 大きな社会問題化することは避けられないに違いありません。

 

このような事を避けるには 分譲時において デベロッパーが 数十年単位の

長期修繕計画に基づいた 積立金を提示すべきでしょう。

 

長期修繕積立金に関し 国交省が ガイドライン を示していますが 必要額の

積立金を購入者に課せば販売に支障をきたすことから その額を相当押さえて

販売しているのが実態です。

 

現実に数年前 タワーマンションを購入した知人は管理組合から積立金の大幅増額

の 知らせに憤慨していました。

 

 さて 8/20  朝日の 「 負動産時代 」 で 「地価は下がったのに 固定資産税 は

高止まったまま」 の 弊害を伝えていますが 土地以上に 「 時価 」 と 「 評価額 」

の 乖離が大きいのが RC造 の建物です。

 

築30年?40年の建物で 時価(売買金額)に対して固定資産評価額が異常に高額であり

高額な建物の登録免許税や取得税が課されることに違和感を覚える一人です。

 

 でも、全国の市町村にとって重要な財源であり 見直しは難しいのでしょうか ?

                                                 草 々

                                               

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 

 休日モードは抜けましたか?

 

例年のお盆期間中と比べ 今年は少々様相が異なっていました。

本来この間のニュースは帰省客による高速道路の渋滞や鉄道の混雑情報等、

更に 終戦日と重なることから戦争に関する報道で埋め尽くされていましたが

それに加えて 北朝鮮のグアム島海域 への ミサイル発射報道 に明け暮れて

いました。

 

むろん それが現実となれば 韓国や日本 への不安に止まらず 世界経済も

影響を受けるのは必至でTV各局共 各界の識者が登場し アレコレ発言していましたが

 「 金正恩 VS トランプ 」 のチキンレース の行方は 一応 「 休止中 」 に

落ち着いています。が 予測不能な二人の事、 未だ 「 中止 」 に至ってはいません。・・・ 

・・まだ目が離せません。

 

 さて先週から紙面の多くを埋めていたのが 今や旬といえる 「 負動産 」 と化した

売るに売れない 土地 と 「 空家問題 」。それと 1,800兆円 もの 漂流する個人資産を

巡る記事でした。

 

前者は住居の 14% を占める 820万戸 の空家に関して その内 賃貸用が

420万戸と最多で、最大の課題は 所有者不明や破損等で活用が難しい272万戸の

空き家対策についてです。

 

国や地方行政も対策に動いていますが 目下の所 成果に乏しく 真に大きく成果を

得る方策は 不動産業者が ビジネスチャンス と捉えて行動に移すか? 否か? に

係っているでしょう。   

 

後者の個人資産 1,800兆円は? タンス預金が 43兆円にも上り 政府や

金融業界が音頭を取る 「 貯蓄から投資 」 への流れが 「 投資から貯蓄 」 へと

逆流している現状への視点です。

 

 マイナス金利とデフレの中にあって流れを変えるのは ?  ・・・

                                           草 々

  

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 

 

   迷走に迷走の末 列島を縦断した台風5号が東海地方を通過中の夕刻に

「 AI と IOTが不動産業界にもたらす影響 」 のテーマで講師を招いての

同業者仲間 の 例会&懇親会 に参加しました。 耳にしたことはあるものの

横文字の単語の羅列で 年代的についていくのも大変ですが 、 

話をきけば聞くほど 、 知れば知るほど  又 昨今の各種報道とも合わせ

あらゆる業界においてシステムが根底から変化する。 ・・・ 気配を感じずには

いられません。

 

 その昔 ・・・ とは言っても FAXが普及したのが 約30年前 パソコンや

携帯電話が普及したのが 約20年前程で そのサイズ、価格、 機能等々の

進化は驚くばかりです。

 

 因みに 自動車業界では 年間約数十万台の生産能力しかない 米国の

EVテスラ・モーター の 株価の時価総額が GM を抜いてしまった ・・・ と

いうから驚くばかりです 。 

 

投資家や市場は 近い将来の姿を見据えているのでしょう。

 

 さて 不動産業界は?  労働集約型で旧態依然yとした業界の代表格でも

あり うかうかしていると 不動産とは全く縁のない 企業が AI を駆使した

システムによって 業界を席巻することになるかも ・・・  そうなろうとも

街の 「 不動産屋さん 」 ならぬ 小規模事業者はご安心を !

AI では無く、血の通った日々の積み重ねさえあれば何ら心配がご無用です。

                                  

                                        草 々

   

 追伸 

   8月11日(金)から16日(水)まで夏季休暇とさせて頂きます。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 

 先週末 歴史好きな素人集団が集う グループ 約90名と共に

??川美術館へと。

 

目的は、数か月に一度の例会で 「 天下人、 信長、 秀吉、 家康 」 ・・・

の展覧会を見学の後に 館内の講堂で学芸員の方から 桶狭間の戦い等

の解説に加えて、企画展を開催するに当たり展示品の貸与を受ける為の

生々しい苦労話等 面白おかしく聞くことができました。

 

その後は恒例の ライトニングトーク と称し参加者の中から7名の方が持ち時間 10分

厳守で それぞれ持論を発表しましたが 伝えたいという熱意がヒシヒシと

伝わってきました。

 

そして今回の " トリ " は スペシャルトーク として 城郭考古学者で

奈良大学 の 千田教授 が 世界各地の城の構造やレイアウト等を

紹介され 更に 日本各地で復元されている戦国時代の遺構の中で 当時の

時代背景や地形上から有りえない建物や施設が遺構として復元しつつある ・・・ と

実例を上げて詳しく説明され  興味深く耳を傾けました。

 

当日 10:30から17:00 迄 たっぷり歴史に浸ってきました。

 

 本日 米国 NYダウ が 2万2千ドル と 史上最高値をつけたと トランプさんが

吠えていました。 でも 支持率でトランプを支えている 白人労働者の暮らしは

全く変わりない。 とも 伝えていました。

 

一方 我が国も同様で 8/1 日経 が 4~6月期の 企業業績を 増益一色

と報じています。 ・・・ が 巷の庶民は ?

 

 景気動向と言えば 日本株が 2万円前後で一進一退で動かず 音なしの

構えですが 「 株価は半年先を予測する 」 と 耳にしますが 今の株価から

半年先は ? ・・・

                                          草 々

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

このアーカイブについて

このページには、2017年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年7月です。

次のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。