2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 35

 

 半導体子会社 「 東芝メモリ 」 の 売却先が迷走を繰り返しています。

東芝本体の為とはいえ 優良企業たる東芝メモリ経営者はじめ社員の方々に

とってはやりきれない思いでしょう。

 

 又 シャープが台湾企業の傘下に入るなど 世界一だと誇っていた日本企業の

凋落ぶりを見ると その要因の一つとして我々国民も含め 日本の " ガラパコス化 "

に尽きます。

 

 地元の名古屋も然り 。 中部地区の中でも名古屋に於いて五摂家とされた

松坂屋 、 東海銀行 、 名古屋鉄道 、 中部電力 、 東邦ガス  五社の内

公共的独占企業の三社は健在であるものの 松坂屋 、 東海銀行 は

名古屋企業では無くなり 地元ではなじみの深いスーパー 「 ユニー 」 

「 ピアゴ 」 「 サークルK 」 も 伊藤忠の傘下となり 「 サークルK 」 は

「 ファミマ 」 へと  スーパー部門も ドンキホーテが 株式を 40% 取得

するなど 名古屋企業では無くなりつつあり、寂しさを禁じえません ・・・

 

これも中部地域が " ガラパコス化 " していたからでしょうか ?

 

でも トヨタ を 始めとする製造業は ドン と 構えています。

そのトヨタでさえ EV への 取組へと必死です。 それは フランスと英国は

ガソリン車など新車販売を 2040年から禁じる方針を公表しており 更に

中国も ガソリン車禁止の検討に入った事を報じているからです。

 

数年まで耳にしたことの無かった 自動運転技術の進化といい 「 10年ひと昔 」

ではなく 数年単位で劇的に変化する時代について行くのは大変です。

 

 その点 地域に根ざした 建設 、 不動産業者は当面の間 どっぷりと

" ガラパコス " に 浸って成り立つビジネス ・・・ ですね !

                                       

                                         草 々

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

 

このブログ記事について

このページは、housing-rが2017年9月14日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 34」です。

次のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 36」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。