2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 36

  明日 23日は お彼岸の中日で 「 暑さ寒さも彼岸まで 」 の通り 朝、夕 は

虫の音と共に過ごしやすくなってきました 。 

 

 世間では 東芝メモリの 売却問題も 日、米、韓 連合で結着し 東京株式市場では

円安と衆議院選挙を巡っての 思惑買い とやらも強まって 日経平均が 2万円台

を 回復するなど 猛暑ではへばっていたエンジンが快調に回りだしたようです。

  

 さて 9/16日 中日が一面トップでリニア開業に合わせ名駅周辺を更に 活性化

させようと 名古屋市が 「 容積率の緩和 」 の方針と併せて 用途変更も含めた

大規模な規制緩和を発表した! と報じています 。 容積率の緩和は 10数年前の

小泉さんによる規制緩和に始まり 名駅周辺では数年前にも実施され 福岡市では

「天神ビッグワン 」 と 称して 建物の高さや容積率の緩和により 土地の

高度利用 を図っています。

 

これらの緩和は居ながらにして地価が上がる美味しい話です!

  

 ところで 19日に 国交省が基準地価を発表しました。 

 

訪日客や緩和マネー を背景にして都市部の商用地に関しては 「 福岡、広島、仙台

札幌 」等 主要都市の伸び率が三大都市圏を上回った ! と 伝えてますが 

今回の発表で特筆すべきは 「 明治屋銀座ビル 」 が 平米当り 3,890万円(坪単価 

1億2850万円) と バブル期に付けた最高額を更新 ! 又 「大名古屋ビルジング」 が 

平米当り 1500万円( 坪単価 4,958万円) を付け 大坂で最高の 1,460万円 を 

抜いて 名阪逆転が起きた事です。 

 

 でもリニア効果と言うものの リニア新幹線の開開通は 10年先のことで今から期待値は

膨らむ一方ですが 果たして開通した ・・・  その時は?

                                                  草 々

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

このブログ記事について

このページは、housing-rが2017年9月22日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 35」です。

次のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 37」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。