2017年10月アーカイブ

 

   先の 衆議院選挙は当初予想に反し自民党の圧勝でした。

 

小池都知事が 「 希望の党 」 を旗揚げて 民進党 との合流を決めた時は

安倍さんも さぞかし肝を冷やしたことでしょう。

 

それが一転し小池さんの失言が敵失となり 自民圧勝へと!

安倍さんは強運の持ち主なんでしょうか ?

 

 運 ・ 不運は 本人の意思など働かないところで決定づけられ 今回の選挙

でも 希望の党 への 公認 が得られず落胆しながら止む無く 無所属や他党から

出馬して当選を果たした幸運な議員も数多く これぞ 結果オーライの 不運 から

幸運へのチェンジでしょう 。

 

私の周りでも " 運 " に恵まれた人と恵まれない人を見てきましたが 自ら運を

切り開く 努力 が先ずは必要である ・・・ とも。

  

 さて 先々週の 本ウィークリー に 添付した 10/6 日経の 名駅南再開発

で複合施設開業 の記事を見た友人から 「 グローバルゲート へ一緒に行こう」

との誘いにより 数名の仲間と共に 名駅から 15分程足を運び 開業間もない

各施設の 見学とランチ に 行ってきました。 

 

この施設は 旧国鉄の 笹島貨物駅跡で すぐ南を東西に走る 名古屋高速や

新幹線等の 車窓から いつも眺めていた ビル群 でした。 

JICA中部国際センターや  愛知大学名古屋キャンパス、中京TV新社屋、複合映画館 

等々。 

 

目玉は 36階建と17階建の グローバルゲート で あおなみ線の駅と直結

しており 商業施設やオフィスが、 上層階は 名古屋プリンスホテル が入居、

営業していました。

 

平日にもかかわらず 若者や 若いママさん達で賑わっていました。

よく耳にする 「 百聞は一見にしかず 」 を 身に持って体験した次第です。

                                                 等 々

                                                 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

  

   連日に渡り報じられる 日産自動車 の新車による 無資格者検査問題で

日産が国に報告して 出荷を一時停止し社長が謝罪した後も ルール違反を

続けていた ・・・ と

 

 又 神鋼不正問題では仕様を満たさない製品を顧客に無断で納入しても

問題にならない 許容範囲 をメモして歴代の担当者が引き継いでいた・・・

と言うから驚きです。

 

 今や 国内問題 に止まらず海外の航空機メーカー等にも及んでおり 

この先 企業 そのものの存在すら危ぶまれます。

 

 世界に冠たる地位を築いてきた " 日本のものづくりの信頼 " が揺らいでいます。

トヨタ自動車 のタイ工場では 「 中国製鋼材の性能は評価できる 」 として採用

しているとも報じられる。等 。

 つい この間まで粗悪品を乱造している。 と、見下していた韓国や中国も 日本に勝る

とも劣らない製品を造る様になっている昨今 この国も  今一度 出直しが必要です。

 

  政界も経済界も共に ヒラメ化 したサラリーマンならぬ指導者ばかりが

目立ち、芯の通った骨太のリーダーが求められます。

 

 さて最近 「 バブルの芽 」 なる記事を目にします。 本物のバブルについては

10/14 (土) 日経記事 をご覧ください。 昨今の 「 バブルの芽 」 とは 

3大都市圏や 主要都市の 中心市街地の商用地に限っての地価動向を指しての

もので 名古屋市では リニア予定駅周辺 は実需の伴わない 期待値バブル の気配

はあるものの それ以外の商用地は " 投機 " に至っておらず  " 投資 " の範囲に

止まっていると思います。 

 

でも 超低金利 がいつ迄も継続すると マネーは 不動産へ 、 不動産へ ・・・ と

向かうのでしょうか ?                                草 々       

                                               

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

   何かとお騒がせな 衆議選 が 22日の投開票に向けスタートしました。

その時々の " 風 " で 当落が大きく左右される中にあって今回は

当開票日に向けて どちら向きの風となるのでしょうか?

 

  不動産業界も 景気 と言う 風を諸に影響を受けますが 東京の誰かさんの

ように 自らの力で風を吹かせたいものです。

 

 ところで紙面は当然 選挙関連が多くを占めますが連日、企業面や社会面に

登場するのは " 神戸製鋼所 " です。、

 

 ・ 組織ぐるみのデーター改ざん事件で 航空機から新幹線、自動車、空調器等々

  様々な分野に影響を与えています。

 

 ・ " 日産自動車 " も然りで完成検査員でない 無資格 の者が検査するのが

   常態化  していたと言うから驚きです。

 

 ・ 少し前には " 東洋ゴム工業 " の 免震ゴム の性能偽装問題

 

 ・ 数年前 " 三井不動産レジ " がマンション建替えに迫られた " 旭化成建材 "

  による 杭打ちデーター偽装問題

 

 ・ 世界的には ワーゲンを筆頭に発覚した ディーゼルエンジンの廃棄ガス規制偽装

  事件 ! ・・・ 等々一流企業 名門企業 と言われる 大企業 による疑惑事件

  が 後を絶ちません。

 

 何故? か。  効率化が強く求められ 更に右肩上がりの実績も要求され止む無く

 やってしまっていた、のか? それともその昔から往々にしてやっていた事が

 最近になって表面化する機会が増えたのか? ・・・ 

 この時に必ず出てくるのが " 性善説 " の ままで良いのか ?  

 

 その点 " 性悪説 " に基づいて規制されているのが 不動産業界で 細かく厳しく 

「 宅地建物取引業法 」 ・・・ がそれです。

  

 他の全ての業界も " 性悪説 " に基づいた 法律 で律するべきです。

                                               草 々   

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

  先週は 政府が 「 いざなぎ景気を超える景気回復 」 と 発表していましたが

今週も 2日に 発表した 9月の日銀短観では 「 景気回復広がる裾野 」 「 景況感 

10年ぶりに高水準 」 等 の見出しで各紙が大企業と共に 中小企業の好調を報じて

いますが 外では 北朝鮮情勢の不透明感が漂う中 巷では居酒屋談義の話題も

昼の TVワイドショーも 選挙一色です。  

 

それも 政策論争 の類ではなく どこから出馬すると有利か不利か。先日までの仲間に

刺客を送り込む。 お金を巡るドロドロしたその行く先は? ・・・ 等々

 

T V局にとって都合の良い人として選ばれた コメンテーターやタレントによる

井戸端会議を 放映しているにすぎません。

でもそれが視聴率につながるでしょう。

 

 さて 10月5日 中日 が来年4月から施工される宅建業法の一部改正の内

インスペクション について報じています。  それは ・・・ 法律で

 

 一、 宅建業者は建物の売買又は交換の 売買契約を締結したときは建物状況調査を

   行う者のあっせんに関する事項を依頼者に交付する。

 

 二、 宅建業者は中古住宅の 取得者 又 借主 に対しその契約が成立する迄の間に

   建築士により調査の結果概要並びに建物 の建築及び維持保金の状況に関する

   保存状況を記載した書面を交付、説明する。

 

 三、 既設建物の売買、交換が成立した時、建物の構造耐力上 主要部分の状況を

   双方が 確認した書面を当事者に交付する事 ・・・  これが義務化されたことです。

 

  これが第三者機関により適切に報告されれば築年数に関係なく価値ある良質住宅か

  否か?判断が可能でしょうが ? ・・・  なかなか難しいでしょう

                                               草 々

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。