2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 44

    11/12 中日新聞がジュニア向け記事の テーマ として 「地価」 を取り上げて

いました。 土地の値段を意味する 地価 という数字から 経済的な まち の

評価や勢い 将来像が見えてくる! ・・・  として 「駅や新興住宅地  幹線道路沿い

などに人が集まる場所に 商売する人が来て まち が便利になり 店を出したり

する人が増えて 土地を求め 地価が上がる!」 ・・・ 又その一方では 「少子化と

高齢化により 働く世代 が減りたくさんの 物を買う人が少なくなり 人々が

住まいにかける出費が減って 土地が 安い値 でしか取引されなくなる!」 ・・・ 

とし 暗い未来にならないよう 「地域の行事に積極的に参加して 地域の賑わいづくり

に ジュニア世代 の力が必要である!」 ・・・ 等々 子供向けに分かりやすく

地価の仕組み を解説していましたが 大人にも!

 

 さて "経済欄" は各紙共に 上場企業の業績につき これまでの減収減益から

世界経済の好調と円安もあって、数多くの企業が "増収増益" しかも 「最高益

を更新の見通し」と 報じています。 ・・・ が 

 "金融欄" では マイナス金利政策の影響を受けて 本業の融資で稼ぎにくい状況

が続いている 金融機関 では各銀行が「人員、店舗、企業」の "構造改革" に

乗り出している様子を詳しく伝えています。

 

あくまでも "構造改革" であり モチベーションを保つべく "リストラ" なる言葉は

表面上見えません。 

 

 それにしても金融機関を悩ませている 世界的な空前の 超低金利 と カネ余り ・・・

の先行き懸念を 日経が 11/14 から連載して報じています。 この異常とも言える

状況も永遠に続く訳もなく ・・・ その時への備えは?

                                               草 々  

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

このブログ記事について

このページは、housing-rが2017年11月16日 11:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 43」です。

次のブログ記事は「2017年の住宅 ・ 不動産業界ウィークリー № 45」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。