住宅・不動産業界ウィークリーの最近のブログ記事

 

 

  空家、空室への対策が叫ばれる中、老朽化した、戸建て、アパート、マンション等の

活用が各地で進んでいます。

 

 12/12 中日新聞では 古い学生向け ワンルームマンションの二部屋を一部屋に

つなげるという リノベーション をしたり 社員寮を若者向けのシェアハウスに変えたりの

手法によって需要開拓を図っている様子を報じています。 これからも、あらゆる分野の

方々が 「空家ビジネス」 に参入してくるでしょう。

 

 今週 「民泊オーナーになりませんか?」 ・・・ の誘いに乗って 空室が目立つ

大型賃貸マンション内で民泊事業を手掛ける方に、 その部屋も見学しながら実情を

見聞きしてきました。  都心から離れた 築古のマンションながら 地下鉄徒歩圏

という立地もあって順調に稼働しているようでした。 

利用客は観光客ばかりでなく 出張時の宿泊や ママ友のパーティー会場など 

様々な用途で利用されています。

 

 空室対策として ウィークリー、マンスリー に加えて 民泊事業も ストックビジネスの

ひとつとして普及していくのでしょうか?

 

 ところで 人手不足感が過去最大と伝えられる中 当社近郊では 今年10月11日に

「イケア長久手店」が、そして11月24日には イトーヨーカドー が主体のショッピングモール

「プライムツリー赤池」 がオープン! 各店舗では時給1200〜1300円を提示し 更には

2〜3ヶ月は数百円上乗せする等 パート募集にしのぎを削っています。

 

それに煽られて近隣の企業や店舗から転職するパートさんが続出しているようです。

一方で賃貸を扱う不動産業者の中には 「出店社員の急増で空室が埋まる」 ・・・ と 

ほくそ笑んでいる方も ・・・

                                           草 々

 

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

 

 

   天皇陛下の退位日が 平成31年4月30日として、翌 5月1日に皇太子さまが

即位し 新元号に改めることになりました。

 

 1989年1月8日に 昭和天皇の崩御を受け 今上天皇が即位されての平成

ですが 時はバブル景気の真只中でしたが 当時 天皇が体調を崩されてから

ホテルでのパーティーや各種祝事等 歌舞伎音曲の自粛が徹底し バブル期

とはいえ 社会全体が停滞した一時期でした。

 

 さて同じく1989年の11月9日はベルリンの壁が解放されて 東西ドイツが

統一に向かった日でもあります。

又 これを機にソ連邦が崩壊をして東西冷戦が終結へと導かれるという時代を

迎えました。

 

 ・・・ くしくも 1989年という年は 世界の 政治、経済、社会構造等 あらゆる

分野で 激変を迎える事となった年の始まりとなったと言っても過言ではありません。

 

 ところで来年の末ごろから 「平成とは どんな年だった?」 ・・・  のタイトルで

各種メディアが幅広く報じる事でしょうが 一言で言えば 昭和と言う古き良き時代が

過ぎ去り 世界的なグローバル化の大波を受けると共に バブルの崩壊を受け

土地神話の崩壊、金融機関の破たん、又 マイナス金利、巨大自然災害の多発 ・・・

等々 想定外の連続でした。 加えて スマホと対話する時代とも言われており 

義理や人情のお付き合いや取引は? !

                                           草 々

 

 

 

 

 ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

                                  

 

  今日から師走入り。

 

 年を重ねる度に 時の経つのが早く感じますが、年齢のみならず最近の

科学技術の発展も そのスピード感を後押ししているように思われます。

 

 スマホの普及と SNS の進化により 地球の裏側の 情報もが瞬時に

 世界を駆け巡る!  という時代に突入したからです。

 

 11/26 朝日が 金融恐慌寸前だった 20年前 札幌市内の 北海道拓殖銀行

や 安田信託銀行支店の "取り付け騒ぎ" に対し 全てのマスメディアが 

報道協定は無かったが 記事にするのを見合わせて 全国に連鎖するという危機を

免れた!・・・と 伝えていますが 今 同じ騒ぎが起きたら?  ネット社会で 

ツイッターやユーチューブの情報発信で情報拡散は止められず マスメディアの

配慮など役に立たないだろう ・・・ とも

 

 ・・・ 僅か 20年で この進化のスピードで この先は?

 

 さて 科学技術ばかりでなく "街" も 進化しなければならず 我街 名古屋も

2027年、10年後に開通予定の リニア効果により進化しつつあります。

 

 先日 業界団体の支部において 地元の 県、市会議員と共に 「まちづくり意見

交換会」 を 開催の折 "名古屋駅前地区と栄地区を一体とした都心づくり" を

目指すべく 法整備を図る等(資料添付) 又 金山駅周辺の まちづくり構想 の

スケジュール等が 着々と進みつつある事が確認できました。

 

 ところで 「買い物、観光、遊び」 等を対象に 主要8都市 で 行きたくない街 

ナンバーワン という調査結果を自らに公表した名古屋ですが 

転勤族の方々からは生活者としての "住みやすい街ナンバーワン"  

と指示されている! ・・・ と 私自身は 自負しているのですが!               

                                             草 々    

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

                                  

 

   11月も下旬を迎え これから12月上旬にかけて 街並みや 野山で、又

社寺等観光地 の紅葉が楽しめる時となってきました、

 

 海外からも日本の観光客の間では 日本の四季の移り変わりは究極の "美"

であると絶賛されていると伝えられています。

 

 この四季の変化が 「日本」や「日本人」に対し あらゆる面において影響を与え

つくられたのが 『日本』 ・・・ でしょう。

 

 さて 日本経済 も グローバル化 が標榜される以前は 四季の変化よろしく

為政者によって景気が後退したり 加熱したりした時には その都度 金融面や財政面で

蛇口を緩めたり 絞ったりと 操作しながら コントロールしてきました ・・・ が  

20数年前の グローバル化 以降は 欧米がくしゃみをすれば即座に風をひかない様に 

注意を払う必要に迫られる。 ・・・ という一瞬たりともきを抜けない厳しい状況にあります。

 又 昨今では自動車業界で急速なEV化の波が世界規模で高まり 他を圧倒していた 

トヨタ自動車 でさえ 100年に一度と叫ばれる大改革に危機感を抱いて対応に

追われています。

  

 又 米国でが IT 大手の アマゾン が 高級スーパー等 実店舗を次から次へと

買収したり アマゾンのサイトで売れ行きの良い商品を自社で製造販売するなど

実店舗を運営する業界は 危機的状況にあるとして 一強 アマゾンに 「分割論」

が浮上している ・・・ と報じています。

 

 我々 住宅や不動産業界と言えども 「IT」 の 進化と消費者志向の変化に

よっては激変の可能性があるかも ・・・!

                                         草 々     

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

                                  

    11/12 中日新聞がジュニア向け記事の テーマ として 「地価」 を取り上げて

いました。 土地の値段を意味する 地価 という数字から 経済的な まち の

評価や勢い 将来像が見えてくる! ・・・  として 「駅や新興住宅地  幹線道路沿い

などに人が集まる場所に 商売する人が来て まち が便利になり 店を出したり

する人が増えて 土地を求め 地価が上がる!」 ・・・ 又その一方では 「少子化と

高齢化により 働く世代 が減りたくさんの 物を買う人が少なくなり 人々が

住まいにかける出費が減って 土地が 安い値 でしか取引されなくなる!」 ・・・ 

とし 暗い未来にならないよう 「地域の行事に積極的に参加して 地域の賑わいづくり

に ジュニア世代 の力が必要である!」 ・・・ 等々 子供向けに分かりやすく

地価の仕組み を解説していましたが 大人にも!

 

 さて "経済欄" は各紙共に 上場企業の業績につき これまでの減収減益から

世界経済の好調と円安もあって、数多くの企業が "増収増益" しかも 「最高益

を更新の見通し」と 報じています。 ・・・ が 

 "金融欄" では マイナス金利政策の影響を受けて 本業の融資で稼ぎにくい状況

が続いている 金融機関 では各銀行が「人員、店舗、企業」の "構造改革" に

乗り出している様子を詳しく伝えています。

 

あくまでも "構造改革" であり モチベーションを保つべく "リストラ" なる言葉は

表面上見えません。 

 

 それにしても金融機関を悩ませている 世界的な空前の 超低金利 と カネ余り ・・・

の先行き懸念を 日経が 11/14 から連載して報じています。 この異常とも言える

状況も永遠に続く訳もなく ・・・ その時への備えは?

                                               草 々  

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

  

   日経の経済欄は 日経平均株価 が10月24日迄 16日間連続して

上昇し 25日に 反落 したものの昨日は408円上昇し 1996年7月

依頼 21年4ケ月ぶりの高値! を報じています。

 

その要因としてのけん引役が 金融緩和 や 経済対策等に対する

政策期待から 企業業績に移してきた ・・・  とも

 

それを裏付けるように 企業業績の 上方修正が相次ぐなど 株高、

企業業績の好調を声高に伝えています。

 

・・・ とは言っても 米国経済や中国経済の好調による外需企業が

大半で 内需企業はそれほどでもなく 庶民の一人一人が好景気を

体感的に感じるには至っていません。

 

資金の乏しい我国は その昔から外国との貿易によって稼ぐ以外に

道はなく 今回の 企業業績 の好調や 株価の高騰 も米国、中国

あってのものです。

株価も 年金資金の GPIFや日銀によるに 日本株買い入れ は株価の

下支えの役割にすぎず 株価の多くは 外人投資家 による買い越しが

高騰を 演出 していると指摘されています。

 

 海外勢といえば 10/29 の日経が 海外投資家による日本の不動産投資の

実情を報じています。  

 

ニューヨークやロンドン 又 上海や香港 に比べ 東京は相当利回りが良い!

からとのこと。 でも 高値で海外勢が買い漁ってしまうと REIT など 国内の

投資家が困ってしまいますが いかに!

 

 先の 企業業績や株価の報道等 は庶民にとって 実感が伴わない! とは言え

一時期に比べ 「錦三」 など夜の街が賑わいを取り戻してきた ・・・  という声も耳に

しますが?

                                           草 々

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

   先の 衆議院選挙は当初予想に反し自民党の圧勝でした。

 

小池都知事が 「 希望の党 」 を旗揚げて 民進党 との合流を決めた時は

安倍さんも さぞかし肝を冷やしたことでしょう。

 

それが一転し小池さんの失言が敵失となり 自民圧勝へと!

安倍さんは強運の持ち主なんでしょうか ?

 

 運 ・ 不運は 本人の意思など働かないところで決定づけられ 今回の選挙

でも 希望の党 への 公認 が得られず落胆しながら止む無く 無所属や他党から

出馬して当選を果たした幸運な議員も数多く これぞ 結果オーライの 不運 から

幸運へのチェンジでしょう 。

 

私の周りでも " 運 " に恵まれた人と恵まれない人を見てきましたが 自ら運を

切り開く 努力 が先ずは必要である ・・・ とも。

  

 さて 先々週の 本ウィークリー に 添付した 10/6 日経の 名駅南再開発

で複合施設開業 の記事を見た友人から 「 グローバルゲート へ一緒に行こう」

との誘いにより 数名の仲間と共に 名駅から 15分程足を運び 開業間もない

各施設の 見学とランチ に 行ってきました。 

 

この施設は 旧国鉄の 笹島貨物駅跡で すぐ南を東西に走る 名古屋高速や

新幹線等の 車窓から いつも眺めていた ビル群 でした。 

JICA中部国際センターや  愛知大学名古屋キャンパス、中京TV新社屋、複合映画館 

等々。 

 

目玉は 36階建と17階建の グローバルゲート で あおなみ線の駅と直結

しており 商業施設やオフィスが、 上層階は 名古屋プリンスホテル が入居、

営業していました。

 

平日にもかかわらず 若者や 若いママさん達で賑わっていました。

よく耳にする 「 百聞は一見にしかず 」 を 身に持って体験した次第です。

                                                 等 々

                                                 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

  

   連日に渡り報じられる 日産自動車 の新車による 無資格者検査問題で

日産が国に報告して 出荷を一時停止し社長が謝罪した後も ルール違反を

続けていた ・・・ と

 

 又 神鋼不正問題では仕様を満たさない製品を顧客に無断で納入しても

問題にならない 許容範囲 をメモして歴代の担当者が引き継いでいた・・・

と言うから驚きです。

 

 今や 国内問題 に止まらず海外の航空機メーカー等にも及んでおり 

この先 企業 そのものの存在すら危ぶまれます。

 

 世界に冠たる地位を築いてきた " 日本のものづくりの信頼 " が揺らいでいます。

トヨタ自動車 のタイ工場では 「 中国製鋼材の性能は評価できる 」 として採用

しているとも報じられる。等 。

 つい この間まで粗悪品を乱造している。 と、見下していた韓国や中国も 日本に勝る

とも劣らない製品を造る様になっている昨今 この国も  今一度 出直しが必要です。

 

  政界も経済界も共に ヒラメ化 したサラリーマンならぬ指導者ばかりが

目立ち、芯の通った骨太のリーダーが求められます。

 

 さて最近 「 バブルの芽 」 なる記事を目にします。 本物のバブルについては

10/14 (土) 日経記事 をご覧ください。 昨今の 「 バブルの芽 」 とは 

3大都市圏や 主要都市の 中心市街地の商用地に限っての地価動向を指しての

もので 名古屋市では リニア予定駅周辺 は実需の伴わない 期待値バブル の気配

はあるものの それ以外の商用地は " 投機 " に至っておらず  " 投資 " の範囲に

止まっていると思います。 

 

でも 超低金利 がいつ迄も継続すると マネーは 不動産へ 、 不動産へ ・・・ と

向かうのでしょうか ?                                草 々       

                                               

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

   何かとお騒がせな 衆議選 が 22日の投開票に向けスタートしました。

その時々の " 風 " で 当落が大きく左右される中にあって今回は

当開票日に向けて どちら向きの風となるのでしょうか?

 

  不動産業界も 景気 と言う 風を諸に影響を受けますが 東京の誰かさんの

ように 自らの力で風を吹かせたいものです。

 

 ところで紙面は当然 選挙関連が多くを占めますが連日、企業面や社会面に

登場するのは " 神戸製鋼所 " です。、

 

 ・ 組織ぐるみのデーター改ざん事件で 航空機から新幹線、自動車、空調器等々

  様々な分野に影響を与えています。

 

 ・ " 日産自動車 " も然りで完成検査員でない 無資格 の者が検査するのが

   常態化  していたと言うから驚きです。

 

 ・ 少し前には " 東洋ゴム工業 " の 免震ゴム の性能偽装問題

 

 ・ 数年前 " 三井不動産レジ " がマンション建替えに迫られた " 旭化成建材 "

  による 杭打ちデーター偽装問題

 

 ・ 世界的には ワーゲンを筆頭に発覚した ディーゼルエンジンの廃棄ガス規制偽装

  事件 ! ・・・ 等々一流企業 名門企業 と言われる 大企業 による疑惑事件

  が 後を絶ちません。

 

 何故? か。  効率化が強く求められ 更に右肩上がりの実績も要求され止む無く

 やってしまっていた、のか? それともその昔から往々にしてやっていた事が

 最近になって表面化する機会が増えたのか? ・・・ 

 この時に必ず出てくるのが " 性善説 " の ままで良いのか ?  

 

 その点 " 性悪説 " に基づいて規制されているのが 不動産業界で 細かく厳しく 

「 宅地建物取引業法 」 ・・・ がそれです。

  

 他の全ての業界も " 性悪説 " に基づいた 法律 で律するべきです。

                                               草 々   

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

 

  先週は 政府が 「 いざなぎ景気を超える景気回復 」 と 発表していましたが

今週も 2日に 発表した 9月の日銀短観では 「 景気回復広がる裾野 」 「 景況感 

10年ぶりに高水準 」 等 の見出しで各紙が大企業と共に 中小企業の好調を報じて

いますが 外では 北朝鮮情勢の不透明感が漂う中 巷では居酒屋談義の話題も

昼の TVワイドショーも 選挙一色です。  

 

それも 政策論争 の類ではなく どこから出馬すると有利か不利か。先日までの仲間に

刺客を送り込む。 お金を巡るドロドロしたその行く先は? ・・・ 等々

 

T V局にとって都合の良い人として選ばれた コメンテーターやタレントによる

井戸端会議を 放映しているにすぎません。

でもそれが視聴率につながるでしょう。

 

 さて 10月5日 中日 が来年4月から施工される宅建業法の一部改正の内

インスペクション について報じています。  それは ・・・ 法律で

 

 一、 宅建業者は建物の売買又は交換の 売買契約を締結したときは建物状況調査を

   行う者のあっせんに関する事項を依頼者に交付する。

 

 二、 宅建業者は中古住宅の 取得者 又 借主 に対しその契約が成立する迄の間に

   建築士により調査の結果概要並びに建物 の建築及び維持保金の状況に関する

   保存状況を記載した書面を交付、説明する。

 

 三、 既設建物の売買、交換が成立した時、建物の構造耐力上 主要部分の状況を

   双方が 確認した書面を当事者に交付する事 ・・・  これが義務化されたことです。

 

  これが第三者機関により適切に報告されれば築年数に関係なく価値ある良質住宅か

  否か?判断が可能でしょうが ? ・・・  なかなか難しいでしょう

                                               草 々

 

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

大きな経済変動や、建築・不動産に関する情報として、

関連する新聞スクラップ記事を添付した

毎週末発行の「住宅・不動産業界ウィークリー」を

ご希望の方へメールにて送付させていただいております。

 

過去の「住宅・不動産業界ウィークリー」は

過去記事より閲覧可能となっております。

 

「住宅・不動産業界ウィークリー」の送付を希望される方は

下記必要事項を明記の上、メールにてお申込み下さい。

件名 : 住宅・不動産業界ウィークリー送付希望

本文 : *送付希望のメールアドレス

       *住所

       *氏名

       *電話番号

       *会社名 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち住宅・不動産業界ウィークリーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは住まいる通信です。

次のカテゴリは不動産情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。