快適住宅のススメの最近のブログ記事

 

汚れのいろいろ

快適な住まいを保つためには、ホコリだけでなく

汚れを取り除くことも大切です。

汚れの種類、性質や特徴、掃除の仕方についてお話しします。

 

室内の汚れは、大きく分けて3つの種類があります。

 

1、材質の表面に軽くのっている汚れ

ホコリ、糸くず、髪の毛、食品カスなど。

洗剤を使うことなく、掃除機で吸い取ったり、

雑巾等で乾拭き、又は水拭きできれいになります。

長期間放置されたものは、こびりついている可能性もあります。

 

2、材質の表面に付着した汚れ

手垢、油汚れ、泥汚れ、煙草のヤニなど。

中性洗剤か弱アルカリ洗剤を使います。

洗浄力がマイルドで材質を傷めません。

長期間放置されたものは、空気や熱によって変化し固まってしまいます。

 

3、材質にしみ込んだしつこい汚れ

ベタベタの油、焦げつき、石鹸カス、水垢、カビ、錆びなど。

強力洗剤やクレンザーなどで磨いて落とします。

 

汚れにはこのように種類がありますが、

実際の汚れは、これらが混じり合っています。

『汚れの程度』や『材質の性質や特徴』を見極め対処しましょう。

 

次回は洗剤について

 

ハウジングリサーチのおそうじアドバイス

 

 

 

 

ホコリとは

ホコリは空気中に浮遊している様々な塵で

ハウスダストと呼ばれています。

ホコリの半分を占めるのが砂や土で

風や靴や衣類などにくっついて運ばれてきます。

 

他には、目に見えるホコリは、

綿ボコリやフケ、食べ物のカスなどがあり、

厄介な目に見えないホコリには、

粉塵、花粉、ダニ、カビの胞子、微生物等...

これらの物質が体内に入り込むと、

気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの

アレルギー症状を引き起こすことがあるので

たかがホコリと馬鹿にできません。

 

ホコリは、人が動くと空気がかきまわされて舞い上がり、

再び落ちてくるという動きを繰り返しているので、

部屋の隅や家具の裏側などの空気が動かないところは

ホコリがどんどん積もっていきます。

 

ホコリは、床の種類によってたまり方が違います。

フローリングの場合、人の動きによりホコリは隅へ隅へと移動します。

畳も同様ですが、畳の縁部分にはホコリが付着しています。

じゅうたんはホコリを集めやすい材質なので、

出入り口やソファ付近、テーブルのまわりなど人が歩く箇所にたまります。

 

また、季節によってもホコリの量が違います。

冬は室内を閉めきったまま暖房器具を使用するので

ホコリをかきまわしているようなものです。

こまめに換気をしましょう。

春は強い風が花粉や砂ボコリを運んできます。

掃除機の使用に加え拭き掃除も必要となります。

 

次回は汚れについて

 

ハウジングリサーチのおそうじアドバイス

 

花粉症の対策は極力花粉を寄せ付けないことですよね。

外出時にはマスクやメガネで対策をされると思いますが

洗濯物はどうされていますか?

1日外に干すと当然花粉が付着します。

そうかといって部屋干しはにおいと室内の湿気が気になるし・・・

そこでハウジングリサーチは『サンルーム』の設置をお勧めします。

サンルームは、花粉対策としてだけではなく、黄砂やpm2.5からも衣類を守ります。

天候や季節に振り回されずに、安心・安全に物干しができる快適なスペースです。

梅雨時や、突然の雨など外出時も安心です。

また、お子様やペットの遊び場、ガーデニングスペースとしても

幅広くお使いいただけます。

床タイプや土間タイプ、ベランダに取り付けるタイプなど、

お住まいのスタイルに合わせて様々なタイプのサンルームがあります。

 

相談、見積もりは無料です。

詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

 

小さなリフォームから全面リフォームまでどんなことでもお気軽に

名古屋 市 天白区 株式会社ハウジングリサーチ にご相談下さい。

  

 

東海地方も梅雨が明けたようですし、いよいよ本格的な夏がやってきます。

今回は、夏バテについてのお話です。

 

そもそも夏バテとは・・・

屋内外の温度差に対応できなくなると、自律神経に狂いが生じ、

体温調節がコントロール不能となり、内臓を含め身体全体に変調をきたし、

頭痛・脱力・動悸・頻脈等の症状があらわれます。

熱が出る・身体がだるい・食欲がない・・・それは間違いなく『夏バテ』です。

さらに、過度の冷房などで、人工的に熱が奪われると、

倦怠感・頭痛・肩こり・手足のしびれなど『冷房病』を併発します。

快適に夏を乗り切るために『夏バテ対策』としてちょっと生活を見直してみましょう。

 

●バランスの取れた食事

良質のたんぱく質、ビタミンB郡を積極的に摂取しましょう。

食欲のない時は少量ずつ回数を増やす。食欲を増進させるための香辛料も効果的。

そうめんや蕎麦には、生姜や山葵、胡麻や葱などの薬味をプラスしましょう。

●水分補給

脱水症状になる前にこまめに水分補給を心がけましょう。

汗をかいた後の水分補給にはスポーツ飲料で、失われた塩分も補給しましょう。

但し、冷たいものの飲みすぎは胃腸の働きを低下させてしまうので要注意です。

●冷房の上手な利用

設定温度の目安は外気温のマイナス5℃。

扇風機との併用で室内の空気を循環させたり、

除湿(ドライ)をするだけでも不快感はかなり和らぎます。

オフィスや外出先などでは上着を羽織るなど、身体を冷やしすぎない工夫をしましょう。

●良質な睡眠

就寝前に寝室を27、28℃にする。

ぬるめのお風呂にゆっくり入り心身をリラックスさせる。

寝ゴザやクール抱き枕など、安眠グッズを利用する。

充分な睡眠時間の確保だけでなく良質な睡眠の確保が大切です。

●ストレス発散

精神的な疲れが『夏バテ』に拍車をかけます。

ナイター観戦、コンサート、カラオケ、スポーツ・・・

無理をせずあくまでも"あなたらしく"が大切です。

 

ハウジングリサーチからのお勧めは、暑さ対策の窓のリフォームです。

日差しを遮るLIXILの『スタイルシェード』はいかがでしょう。

バリエーションも豊富であらゆるサッシに対応します。

室内に風を取り入れるには、ドアを閉めたままで風を通す『通風勝手口』

雨戸を閉めて風を取り入れる『通風ルーバー雨戸』、『通風シャッター』などもございます。

ご相談、見積もりは無料ですので、詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

 

名古屋 市 天白区 株式会社ハウジングリサーチは

土地の購入からマイホームの設計・建築までトータルにご提案。

戸建て・マンションのリフォーム、不動産の有効活用や住宅ローンのご相談など

住まいのことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。 

 

 

今回は「部屋干し対策」のお話しです。

部屋干しで発生するあの嫌な臭い。

原因は洗濯で落としきれなかった汚れと雑菌です。

汚れをしっかり落とし、できるだけ早く乾かす工夫が大切です。

洗う・・・洗濯物を溜めずこまめに洗濯する。

     部屋干し用洗剤、漂白剤、抗菌効果のある柔軟剤などを使用する。

     長めに脱水する。

干す・・・風通りのある場所、除湿機、エアコン、扇風機などを使用する。

     洗濯物の間隔をあけて干し、襟を立てる、裏返して干す、

     広げて干すなど、空気に触れる部分をできるだけ大きくする。

それでも臭いがついてしまったら、できればもう一度洗い直したいもの。

無理なら布地用消臭スプレーを使用してみましょう。

 

また、天候や季節に振り回されずに、安心・安全に物干しができる

サンルームの設置はいかがですか。

黄砂や花粉症の対策としても、またお子様やペットの遊び場、

趣味のガーデニング・収納庫などとしても幅広くお使いいただける

快適なスペースが確保できますよ。

床タイプや土間タイプなどお住まいのスタイルに合わせて

様々なタイプのサンルームがお選びいただけます。

ベランダに取り付けるタイプのサンルームもありますよ。

ご相談、お見積もりは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

 

名古屋 市 天白区 株式会社ハウジングリサーチは

土地の購入からマイホームの設計・建築までトータルにご提案。

戸建て・マンションのリフォーム、不動産の有効活用や住宅ローンのご相談など

住まいのことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。 

 

 

最近雨が続きますね・・・

空梅雨も困るのですが、2,3日雨が続くとお家の中はジメジメするし

なんだか憂鬱ですよね。

あちこちに発生するカビと部屋干しの洗濯物の臭いとの闘い・・・

今回は『カビ』についてのお話しです。

 

独特なにおいや見た目にも不快なカビは、食中毒や水虫の原因となったり、

ダニを発生させてアレルギーや喘息を招くこともあります。

また家具や壁など大切な住まいにもダメージを与えます。

カビを発生させないために湿度を下げる工夫をしましょう。

エアコンのドライ機能、除湿機の使用も効果的ですが、

いつもの家事に一手間加えてカビの発生を抑えましょう。

浴室・・・・・・入浴後、石鹸カスや皮脂などの汚れをたわしでこすり

        シャワーでさっと流してタオルで水分を拭き取っておく。

洗面室・・・・使用後は水滴を拭き取っておく。

        濡れたバスマットを敷いたままにしておかない。

キッチン・・・調理中はもちろん、食器洗い時も換気扇を回す。

        使用後は水分を拭き取っておく。

玄関・・・・・・濡れた傘や靴は乾かしてから収納する。

        濡れていなくても1日履いた靴はすぐに収納しない。

リビング・・・家具は壁から5cmほど話して設置する。

       観葉植物や水槽は風通しの良い場所に置く。

それでも生えてしまったカビは、消毒用エタノールや市販のカビ取り剤で

早めに対処しましょう。

 

湿気を吸収し結露を軽減する内装壁材の『エコカラット』や『珪藻土』もお勧めです。

『エコカラット』や『珪藻土』には、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデビドなどを

低減する効果や、ペット臭・タバコ臭などの悪臭も軽減できます。

リフォームや新築の際には是非ご検討下さい。

 

次回は『部屋干し』のお話しです。

 

名古屋 市 天白区 株式会社ハウジングリサーチは

土地の購入からマイホームの設計・建築までトータルにご提案。

戸建て・マンションのリフォーム、不動産の有効活用や住宅ローンのご相談など

住まいのことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち快適住宅のススメカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリフォームです。

次のカテゴリは住まいる通信です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。